コンテンツマーケティングの基本を解説!ビジネスモデルから顧客を集めるポイントまで

スマホやタブレットの普及によって、欲しい商品や知りたい情報をインターネットで検索し、自力で探す消費者が増えました。マス広告やテレアポなど、これまでの「売り込み型(プッシュ型)」のマーケティングはだんだん通用しなくなりつつあります。ユーザーの好奇心を満たすためには、良質なコンテンツを制作・配信する「コンテンツマーケティング」を取り入れる必要があります。この記事では、これからコンテンツマーケティングをはじめる方向けに、コンテンツマーケティングの基礎知識やポイントを解説します。


コンテンツマーケティングとは?4種類のビジネスモデルを解説

コンテンツマーケティングとは、魅力あるコンテンツでユーザーを惹きつけ、収益を生む顧客との信頼関係(エンゲージメント)の構築を目指すマーケティング手法です。コンテンツマーケティングのポイントは、次の3点にまとめることができます。

コンテンツマーケティングの目的は、良質な記事や動画コンテンツを提供しつづけ、ユーザーが商品の購買に至るような顧客体験(カスタマージャーニー)を描き出すことです。メールマガジンや記事コンテンツなど、コンテンツマーケティングの種類によっては、ほとんどコストをかけずにスモールスタートではじめられます。


コンテンツマーケティングの種類は?代表的な手法を知ろう

コンテンツマーケティングには大きく分けて4つの手法があります。


コンテンツマーケティングで収益を上げるには、多くのユーザーを惹きつけ、好奇心を満たすようなコンテンツを蓄積する必要があります。自社の商品やサービスに合わせて、コンテンツマーケティングの手法を選択しましょう。


コンテンツマーケティングを成功させる2つのポイント

顧客に「見つけてもらう」にはSEO対策が必要不可欠

コンテンツを「見つけてもらう」代表的な方法が、GoogleやYahoo!などの検索エンジンです。検索エンジンを通じて、多くのユーザーにコンテンツを見つけてもらうためには、自社のコンテンツが検索エンジンの上位に表示される必要があります。検索エンジンの上位表示に欠かせないのが、SEO対策(検索エンジン最適化)です。SEO対策を行うには、検索アルゴリズムの特性を理解し、ユーザーの検索意図を満たすようなコンテンツを制作をする必要があります。Googleのサジェストキーワード(関連性の高いキーワード)などを活用し、「ユーザーはどんなことを知りたいのか」「どんな検索ワードを使用しているか」を分析しましょう。


フロー型メディアとストック型メディアを組み合わせよう

記事コンテンツやメールマガジンのように、情報を1つの場所にストックするメディアを「ストック型メディア」といいます。逆にTwitterやFacebookなど、情報が次から次へと拡散していくメディアを「フロー型メディア」といいます。コンテンツマーケティングでは、ストック型メディアとフロー型メディアを組み合わせて集客を行うのが一般的です。あらかじめストック型メディアに良質なコンテンツをストックしておき、フロー型メディアを通じて自社サイトに誘導することで、効果的な集客が可能です。


コンテンツマーケティングの方法を知り、ユーザーに良質な顧客体験を提供しよう

コンテンツマーケティングとは、良質な記事や動画コンテンツを提供し、顧客とのエンゲージメントの構築を目指すマーケティング手法です。オウンドメディア、メールマガジン、動画コンテンツ、バイラルメディアなど、さまざまなビジネスモデルが存在します。SEO対策やSNSの活用など、ユーザーに「見つけてもらう」仕組みをつくることが、コンテンツマーケティングを成功させるためのポイントです。

分かりやすいコミュニケーションをデザインする

東洋美術印刷株式会社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-6-2 TEL 03-3265-9861