ホームページを使い分けよう!

皆さん、はじめまして! バッシー飯田です。

今日はホームページについて、つらつらと書きたいと思います。

年号が令和になって2回目のクリスマスがやってくる今日この頃、企業や店舗のことを調べようと思ったら、「とりあえずネットで検索してみよう」ってなると思います。

もはやホームページがないと「その会社、その店は存在しない」とも思われがちな世の中です。

なので、皆さん色々な思いを込めて、ホームページをガッツリ作り込まれていることと思いますが、ついつい「あれもこれも」と色んなコンテンツを詰め込み過ぎていませんか?

今日は、そんな欲張りな皆さんに向けて、ユーザー目線に立ったホームページの“使い分け”方を見ていきたいと思います。


私、普段は企業や店舗のホームページをリニューアルしたり、たまに新規で作ったりってことを仕事にしてるんですけど、現場でよく見かけるお客様の要望に

・1ページにコンテンツを“あれもこれも“載せようとする

・B2B情報、B2C情報、採用情報から果ては社内向け情報まで載せようとする

ということが多々あります。


いや、お気持ちはわかります。

「ページ数を減らせば、制作費が安く抑えられるんじゃないか」

「せっかくリニューアルするんだから、当社の色んな顔を存分に伝えたい」

「最初は予定してなかったけど、社内調整するのは面倒だから、ついでにこれも掲載しよう」

ってことだと思います。


でも、これ逆効果です。

まず、「コンテンツを統合してページを減らせば、制作費も削減できる」

ことにはなりません。


ざっくり言うと制作費はコーディングの量に影響を受けます。

ページ数を単純に減らしても、全体のコーディング量が変わらないのであれば、基本的に制作費は同じだと思ってください。

だったら、見やすいよう内容ごとにページを分けた方が読みやすいです。

「読んでみよう」と思ってもらえるわけです。

検索エンジン対策の点から見ても、内容を細かく切った方がユーザー想いなホームページになると思います。


皆さん、ネットで情報を探すときは、複数のキーワードを並べて、自分が探したい情報を出来るだけピンポイントでヒットさせようと検索すると思います。

テーマごとにページを分けて作った方が、ユーザーは「見つけやすい・読みやすい」し、皆さんはアクセス分析をする時に、どのコンテンツが人気なのかを分析しやすくなるというメリットがあります。


実例で見る!目的別・ターゲット別サイトの使い分け

つぎに、「色んな人に対して色んな当社の魅力を伝えたい」という欲張りなアナタには、

「ターゲットごと、ソリューションごとにサイトを作り分ける」ことをおススメします。

イメージしやすいように具体例を挙げると、

経済産業省がやっている話題の「Go To商店街」事業のサイト、ご覧になったことありますか?

まず、経済産業省の公式サイトはこちらです。


でも、GoTo商店街事業のことだけを見たい人には“余計な”情報が山盛りになっているように見えます。

そこで、当事業を利用したいユーザーごとにサイトを細分化しています。

利用したい事業者向け 

利用したい消費者向け


ターゲットごとにサイトを分けておけば、サイトのデザインも対象者にあったものに出来るので、わかりやすいビジュアルに特化することが出来ますね。

これについての具体例は外務省のホームページです。

まずは、外務省の公式サイト

次は、子供を対象とした外務省のサイト「キッズ外務省

アニメっぽいキャラクターを使ったり、漢字にふりがなを振っているほか、コンテンツも子供達が興味を持つものに絞って載せてます。


今回載せられないですが、一般企業でも、例えば某自動車メーカーのサイトでは、

企業情報を載せた公式サイトのほか、自動車だけを集めたサイト、製品情報は自動車だけど、子供と乗る自動車、ペットと乗る自動車など、ソリューションごとにサイトを作り分けている事例もあります。皆さんで検索してみてください。

このように、サイトを小分けにすることで

・アクセスユーザーは自分の興味ごとだけがまとまっているので見やすい

・運営企業側は、サイトのコンテンツやデザインをターゲットごとにブランディング出来るので、情報が刺さりやすいよう見せることができる

というメリットがあると思います。


まとめ

ホームページは1社1つというわけではありません。

ソリューションごと、ターゲットごとに使い分けて、試しながら育てていける道具です。

他社のホームページも参考にすると目的や使い分けのコツが掴めるかもしれませんね。


関連サービス

HP制作

分かりやすいコミュニケーションをデザインする

東洋美術印刷株式会社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-6-2 TEL 03-3265-9861