店舗集客・販促のためにコロナ禍の今できる対策をジャンル別に解説

新型コロナの影響により、小売店や飲食店は大きなダメージを受けています。とくに大きな影響を受けたのが、リアル店舗における集客・販促活動です。ここでは、政府や自治体が提供するGoToEatキャンペーン以外に、各企業や店舗が今できる店舗集客・販促の施策について解説していきます。


新型コロナの影響により、小売店や飲食店の来客数・売上は減少している

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、多くの小売店や飲食店で来客数・売上の減少が見られます。株式会社モスコソリューションズの調べによると、新型コロナの影響でもっとも大きかったものとして、「来客数が減った」を挙げた店舗は35.8%、「売上が減った」を挙げた店舗は32.7%に達しています。[注1]緊急事態宣言を受けた外出自粛の広まりや、自宅にいながら買い物や娯楽を楽しむ「巣ごもり消費」の影響で、小売店や飲食店の店舗集客は厳しい状況に直面しています。一方で、小売店や飲食店は新たな販促活動として、SNSの活用(18.8%)やLINE公式アカウントの活用(16.5%)を行うなど、ウィズコロナ時代ならではの店舗集客・販促に乗り出しています。[注1]


【ジャンル別】コロナ禍の今できる店舗集客・販促の3つのコツ

コロナ禍の今だからこそできる店舗集客があります。ここでは、ウィズコロナ時代の消費行動の変化に対応した、販促活動のコツを3点紹介していきます。


①コンテンツマーケティング:SNSやオウンドメディアを活用し、見込み客を集める

さまざまなメディアを通じて付加価値の高い情報を発信し、見込み客を集め、購買意欲を高めるマーケティング手法を「コンテンツマーケティング」といいます。ウィズコロナ時代では、感染への恐れや外出自粛の影響で、自宅にいながら消費活動を行う「巣ごもり消費」が拡大しました。それに伴い、スマホやタブレットの使用時間も増えています。SNSやオウンドメディアを活用し、新商品や新メニューの案内、季節フェアやキャンペーンといった付加価値の高い情報を発信することで、多くの見込み客を集めることが可能です。


②スマートストア:ウィズコロナ時代に適した「非接触型」の店舗づくり

人の密集を避ける「3密」や「ソーシャルディスタンス」など、コロナ禍によって人々の消費行動は変化しました。どうしても人が集まらざるをえないリアル店舗では、感染リスクを恐れる顧客の需要に応えるため、新たに「非接触型」の店舗づくりを進めています。代表的なものが、デジタル技術とリアル店舗を組み合わせた「スマートストア」です。専用のレーンを通るだけで決済が可能な「スマートショッピングカート」、バーコードをかざすだけで商品を購入できる「セルフ決済サービス」など、さまざまなサービスが次々と開発されています。「3密」を避けたい顧客ニーズに応え、感染リスクを避けて安心安全に買い物ができる場をつくることが、ウィズコロナ時代の店舗集客のポイントです。


③パーソナライズマーケティング:顧客に合わせた販促活動を行い、再来店を促す

感染者集団(クラスター)の発生を防ぐため、一部の小売店や飲食店では、一度の来店数を抑え、感染リスクを下げる施策が取られています。集客人数が絞られるウィズコロナ時代では、顧客の再来店を促し、リピーターを獲得することが販促活動のポイントです。そこで役立つのが、顧客1人ひとりの属性に合わせ、最適なキャンペーンの案内や情報発信を行う「パーソナライズマーケティング」です。


たとえば、以下のような条件に基づき、広告やキャンペーンの配信内容を変えることで、再集客効果が高まります。

・来店頻度・回数別

・客単価別

・性別別

・来店人数別

・時間帯別

・地域別

・消費者の好み別

パーソナライズマーケティングの代表例が、世界的なコーヒーチェーンのスターバックスです。スターバックスでは、専用アプリを活用して顧客の購買履歴を分析し、好みに合ったキャンペーンをオファーして、再来店を促すプロモーションを行っています。コロナ禍で集客人数が絞られるからこそ、顧客1人ひとりを大切にした販促活動が求められます。




まとめ

ウィズコロナ時代ならではの店舗集客・販促を

ここまで、ウィズコロナ時代ならではの店舗集客・販促について解説してきました。自宅にいながら消費活動を行う「巣ごもり消費」や、人の密集を避ける「3密」「ソーシャルディスタンス」など、コロナ以前と比べ消費行動は大きく変化しました。コンテンツマーケティングやパーソナライズマーケティング、非接触型の店舗づくりなど、コロナ禍の消費行動の変化に対応した販促が必要です。