【セミナーレポート】カーボンオフセットのしくみを学ぶSDGsセミナーを開催しました。

2021年1月28日に「カーボンオフセットのしくみを学ぶSDGsセミナー」を、WEBセミナーの形で開催いたしました。

今回は、その様子をレポートします!


セミナー内容

菅政権の誕生を機に、日本も本格的な脱炭素社会へ舵を切ろうとしています。

国内外で脱炭素へ向けて改めて大きく動き出している今、「13気候変動に具体的な対策を」に焦点を当て、CO2排出量削減(脱炭素)のしくみを1時間のセミナーでご紹介しました。


最初に、一般社団法人 日本WPA 事務局長 小川勇造氏が登壇しました。

一般社団法人 日本WPAについて詳しくはこちら


以下、小川事務局長のお話しを要約してお伝えします!


二酸化炭素排出権購入のしくみ「カーボン・オフセット」について

■印刷物のカーボン・オフセットについて

出版物や広報宣伝物、パッケージ等の印刷物のCO2排出量を実質0で印刷するには、印刷物にカーボン・オフセットを採用することで実現可能です。


① 印刷物を制作する工程で排出するCO2量を正確に把握する

日本WPA所有のソフトウェアにて、原材料調達、生産段階、流通、保管、廃棄、リサイクル全ての段階でCO2排出量を計算することが可能です。


② 計算したCO2排出量の全量を削減

環境省が推奨するカーボンオフセット制度「J-クレジット制度」を利用して、排出CO2全量を相殺することで、CO2排出量の実質0が実現します。

J-クレジット制度とは、ソーラー発電や風力発電等の再生エネルギーの採用、適切な森林管理によるCO2の排出削減・吸収量を国が保証したクレジットの売買制度です。

買い手の提供した資金に相当するCO2削減量を買い手のCO2削減量とみなし、相殺することが出来ます。これが、J-クレジットを使用したカーボンオフセットの仕組みです。

■印刷のカーボンオフセットを行うメリット

・実質的にCO2排出量ゼロの印刷物を制作できる

・クレジットの購入で資金が循環し、さらなる地球温暖化防止活動に活用される。

・各地で創出されたクレジットの購入で、地域貢献に参加できる。

・地球温暖化防止、CO2削減への貢献として公表し、広報活動に活用できる。


■CO2排出量の試算とオフセット量について

実際に印刷物のカーボンオフセットを行いたいと思った際に、気になるのは費用感ではないでしょうか。

例えば、A4中綴じ 32Pの冊子をコート62.5kgの用紙で2,000部印刷した場合、CO2の総排出量は1トンとなります。

クレジットの購入価格(円/トン)は、約2,200円~で、クレジットの種類によっても価格は変動します。


印刷物にカーボンオフセットを採用することで、カーボンニュートラルが手軽に実行でき、脱炭素社会に貢献できます。


次に、当社マーケティング部長 丸山博司が登壇し、当社が提供する「ECO印刷ソリューション」についてご紹介をしました。


東洋美術印刷の「エコ印刷ソリューション」

東洋美術印刷株式会社は、お客様のサステイナブル、SDGs活動を支援するため、ECO印刷ソリューションをご提供しています。

■環境配慮型工場

「グリーンプリンティング(GP)」認定工場で、環境に優しい印刷が可能です。

■環境配慮型調達

「FSC認証紙」使用の推進、標準仕様で生物・植物由来のインキを使用しています。

■カーボンオフセット

印刷物にカーボンオフセットを採用する際には、CO2排出量の計算や手続きを東洋美術印刷が担い、お客様と日本WPAの間に立ち申請を行うことが可能です。

■印刷製造抑制

オンデマンド印刷を利用したバーチャルな在庫管理によって、必要な時に必要な分だけを印刷し、CO2排出量を抑制するご提案を行っています。


最後に

今回、はじめてSDGsに関するセミナーを開催しましたが、

非常にたくさんの方にご参加いただき、改めて各社環境配慮への関心の高さを感じました。

今後も、様々な視点からSDGsに関するセミナーをオンラインで開催していく予定です。

東洋美術印刷のECO印刷ソリューションに関してもっと詳しく知りたい方は、

下記の関連サービスよりエコ印刷をクリックしてください。


関連サービス:エコ印刷


分かりやすいコミュニケーションをデザインする

東洋美術印刷株式会社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-6-2 TEL 03-3265-9861