採用パンフレットを制作するメリットや活用事例を詳しく紹介

採用パンフレットは会社案内と違い、学生や求職者に自社の魅力をアピールするためのツールです。採用パンフレットの内容を充実させることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、採用パンフレットを作成するうえで、どのような点に気をつければよいのでしょうか。この記事では、具体的な活用シーンを挙げつつ、採用パンフレットの強みやメリットについて解説します。


採用パンフレットを充実させる3つのメリット

採用パンフレットは「入社したい」という動機を生み出す強力なツールです。魅力的な採用パンフレットを制作することで、次の3つのメリットが得られます。


・企業の魅力が求職者にはっきりと伝わる

・企業に対する疑問を入社前に解決できる

・自社への共感や親しみを醸成できる


企業理念や事業内容、職場の先輩の声や仕事上やりがいを感じられることなど、採用パンフレットの内容を充実させることで、企業の強みや魅力が求職者にはっきりと伝わります。また、採用パンフレットは求職者の志望度を高めるだけでなく、入社後の社員の定着率にも影響します。求職者が採用パンフレットを読むことで、自社に対する疑問や悩みを入社前に解決できるため、マッチ率の高い人材が応募する割合が高まるからです。魅力的な採用パンフレットがあれば、入社後の働く姿が想像しやすくなり、自社への共感や親しみを醸成することにもつながります。


採用パンフレットの活用シーンや事例3つ

採用パンフレットは、主に3つのシーンで活用されています。


① 合同企業説明会:印象的なパンフレットで、学生の着座率を高める

多数の企業が集まる合同企業説明会では、1人でも多くの学生に興味を持ってもらうことが大切です。こうしたシーンでは、学生の目を引く印象的なデザインの採用パンフレットが役立ちます。パンフレットに興味を持った学生が自社ブースに立ち寄り、着座率が高まります。学生はスマホユーザーが多いため、パンフレットに自社サイトのQRコードなどを記載し、後で見てもらう方法も効果的です。


② 会社説明会:説明会だけでは伝えきれない細かな情報を提供する

個別の会社説明会において、採用パンフレットには説明会の内容を補完する役割があります。とくにスピーチだけでは伝えきれない事業内容の細かな部分や、給与面や福利厚生制度といった学生・求職者に興味を持たれやすい部分は、後で振り返りができるよう、パンフレット内に一通りまとめておくと安心です。


③ 内定者フォロー:内定後の情報提供を行い、内定辞退率を減らす

採用プロセスだけでなく、内定後のプロセスにパンフレットを活用する企業が増えてきました。内定後にパンフレットを配布して情報提供を行い、自社の強みや魅力を改めてアピールすることで、内定辞退率を減らすことが可能です。


採用パンフレットの内容や表紙デザインの3つのポイント

それでは、採用パンフレットを制作するうえで、どんな点に気をつければよいのでしょうか。内容やデザイン面でこだわりたい3つのポイントを解説します。


① 求める人物像をはっきりとイメージしよう

まずは、「自社はどんな人材が欲しいのか」「どんなターゲットにパンフレットを読んでほしいのか」といった求める人物像を定義しましょう。採用パンフレットは、自社のブランディングツールでもあります。ブランディングを行うターゲットを決め、情報の取捨選択を行いましょう。ターゲットがブレていると、欲しい人材に情報が届かず、マッチ度の低い人材が流入しやすくなります。


② 印象的なキャッチコピーで第一印象アップ

学生や求職者の目を引くには、印象的なキャッチコピーが必要です。自社の魅力を短いキーワードで表現し、第一印象をアップさせましょう。奇抜なキャッチコピーならよいというわけではなく、自社の採用コンセプトに合う言葉を慎重に選ぶ必要があります。キャッチコピーの作成には時間をかけ、何度も推敲しましょう。


③ 遊び心を取り入れて求職者の興味を引こう

表紙デザインには遊び心を取り入れることも大切です。とくに多くの企業が集まる合同企業説明会では、印象的な形状やデザインのパンフレットを用意することで、学生の注意を引き、着座率を高められます。採用パンフレットはA4サイズの縦型がほとんどですが、表紙の形やデザインを工夫し、他社と差別化してみましょう。


採用パンフレットは強力なブランディングツールになる

ここまで、採用パンフレットを充実させるメリットや、具体的な活用シーン、採用パンフレットを作成するコツについて説明してきました。採用パンフレットは会社案内と違い、求職者に向けて自社をブランディングするためのツールです。魅力的なパンフレットを作成することで、求職者の志望度だけでなく、入社後の定着率も高めることができます。


関連サービス:グラフィックデザイン・企画編集

分かりやすいコミュニケーションをデザインする

東洋美術印刷株式会社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-6-2 TEL 03-3265-9861