【SDGsの印刷物】FSCⓇ森林認証に関する基本や製品例を紹介

環境保全に役立ち、国連の掲げるSDGs(持続可能な開発目標)に貢献しているのが、FSC森林認証制度です。なぜ、FSC認証マークが入った製品は自然に優しいのでしょうか。また、FSC認証マークが入った製品には、どのようなものなのでしょうか。この記事では、FSC認証の種類やメリット、自然に優しいFSC認証マークの製品例を紹介します。


FSC森林認証とは?環境に優しい森林管理が行われたことの証明

FSC認証とは、森林に由来する製品が、環境に優しい森林管理によって産出されたことを証明するための国際的な認証制度です。FSC認証には2種類あります。

木材や紙製品がFSC認証マークを取得するには、最終消費者の手前にある伐採業、製材業、製造業、流通業、印刷業や、小売業など、林産物の所有権を有する企業を含むサプライチェーン内の企業は全て、FSC認証を取得しなければなりません。FM認証を取得するのは、木材を生産する森林所有者や森林組合です。また、CoC認証を取得するのは、素材生産業者や加工事業者、印刷業者など木材の加工や流通を行う業者です。


FSC認証マークの3つのメリット

FSC認証マークを取得した製品を利用するメリットは次の3点です。

1. 自然環境に配慮し、SDGsに貢献できる

2. 環境への配慮をアピールし、ブランディングが可能

3. 企業と循環型社会の共有価値創造(CSV)に貢献します

FSC認証マークを取得した製品は、生産・加工・流通のすべてのプロセスで一貫した管理が行われます。違法な森林伐採や、製造過程でのCO2の大量排出といった環境破壊のリスクがありません。FSC認証マークを取得した製品を利用することで、森林保全に貢献する林業者を支援し、国連の掲げるSDGs(持続可能な開発目標)に寄与することができます。


環境への配慮をアピールし、対外的なブランディングを考える企業にも、FSC認証マークを取得した製品が適しています。たとえば、FSC認証(CoC認証)を取得した印刷会社を利用することで、印刷物にFSC認証マークを表示することができます。


FSC認証マークが入った3つの製品例

身近な製品にも、FSC認証マークが入ったものが数多くあります。ここでは、FSC認証マークが入った製品のうち、比較的馴染み深いものを3つ説明します。

① 紙箱や紙容器などに使われる「板紙」

紙箱や紙容器などに使われる分厚い板紙にも、FSC認証マークが入っているケースが少なくありません。紙の材質もコート紙、マット紙、パール紙などさまざまな種類から選べます。製品のパッケージにFSC認証マークを取得した板紙を使うことで、環境への配慮を対外的にアピールできます。

② 容器などに貼られる「ラベル」

容器などに貼られるラベルも、FSC認証マークを取得するケースが増えてきました。板紙と違い、アート紙やグロス紙など選べる紙の材質は限られますが、徐々にFSC認証を入手するラベル印刷会社が増えています。認証ラベルを採用することで、商品の目立つところにFSC認証マークを表示することができます。

③印刷されたチラシやパンフレット

活用事例が多いのが、企業活動を紹介するパンフレットや環境配慮型商品を紹介するためのチラシです。

FSC認証のうち、CoC認証を入手した印刷会社を利用することで、自社の印刷物にFSC認証マークを使用できます。ポスター、チラシ、パンフレットといった印刷物の作成なら、印刷会社選びにもこだわりましょう。


まとめ

【SDGsの印刷物】チラシやパンフレットの作成なら、FSC認証を取得した印刷会社の

FSC認証マークがついた製品を利用することで、環境保全活動を応援し、国連の掲げるSDGsに貢献できます。FSC認証マークが入った製品には、紙箱や紙容器に使う板紙、容器ラベル、認証木材を原料にしたFSC認証紙などがあります。


関連サービス

東洋美術印刷:エコ(環境)印刷ソリューション

分かりやすいコミュニケーションをデザインする

東洋美術印刷株式会社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-6-2 TEL 03-3265-9861