【最新版】大手ECサイト売上順位TOP4を紹介!

経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」によると、令和元年(2019年)のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場の規模は、前年比7.65%増の19.4兆円でした。[注1] 急成長を続けるEC市場で、高い流通総額(取扱高)を占めるのが大手ECサイトです。この記事では、楽天やAmazonなどの大手ECサイトの国内売上順位や、今後のEC市場の展望や成長要因を解説します。


ECサイトの国内売上順位TOP4

ECサイトのなかでも、楽天やAmazonのように加盟店舗が商品を販売できる仕組みを持つプラットフォームがEC市場の主力プレイヤーです。各社の投資家向け広報などを参考に、大手ECサイトの流通総額(取扱高)順位を発表します。


① 楽天:約4.5兆円

楽天の2020年度通期の国内向けEC流通総額は約4.5兆円で、国内のECサイトではトップでした。とくに新型コロナウイルス感染症の流行を受け、オンラインショッピングの需要が拡大した第4四半期(10~12月)の流通総額が大幅に増加し、前年同期比45.2%増を達成しました。[注2] なお、この数字には楽天トラベル、ラクマ、楽天24(ダイレクト)、楽天西友ネットスーパーといった関連サービスの取扱高もふくまれますが、主要プラットフォームの「楽天市場」だけでも、流通総額が3兆円を超えています。


② Amazon:約3.2兆円

Amazonの日本事業(アマゾンジャパン)は、国内向けEC流通総額の数字を公開していません。通販新聞の試算によると、2019年の国内向けEC流通総額は約3兆円。[注3] また、インプレスの運営する「ネットショップ担当者フォーラム」の試算では、Amazonマーケットプレイスなどの手数料が販売額の約10%と仮定し、Amazonの国内売上高の数字から逆算した場合、2018年の国内向けEC流通総額は3.2兆円を超えると見られています。[注4]


③ Yahoo!ショッピング:約1.03兆円

「Yahoo!ショッピング」を運営するZホールディングス株式会社の発表によると、2019年のショッピング事業(ECモール)の取扱高は約1.03兆円で、前年度比34.5%の増加でした。[注5] とくに「巣ごもり消費」の増加を受けた第1四半期(4~6月)の伸びが大きく、前年同期比85.9%増の3,793億円を記録しています。[注6]


④ メルカリ:約0.62兆円

フリマアプリ「メルカリ」の2020年の国内向けEC流通総額は、前年度比27.7%増の約0.62兆円でした。[注7]「レディーズ」「コスメ 美容」のカテゴリの構成比が減少した一方で、「エンタメ ホビー」「家電」の構成比が伸びています。


EC業界の動向は?今後の伸びしろや市場環境の変化を解説

これから、国内のEC市場はどのように変化していくのでしょうか。EC業界の今後の伸びしろや、市場環境に変化を与えるポイントを解説します。


まだまだEC化率が低く、とくにBtoCは伸びしろあり

日本での国内EC市場は急速に拡大していますが、商取引全体に対する電子商取引の割合である「EC化率」はそれほど高くありません。経済産業省の調べによると、BtoC-EC(消費者向け電子商取引)の2019年のEC化率は約6.76%、BtoB-EC(企業間電子商取引)のEC化率は約31.7%です。[注1]とくに一般消費者を対象としたBtoCのEC化率が低く、まだまだ伸びしろを残していることがわかります。


コロナ禍での消費行動の変化がEC業界の後押しに

コロナ禍の行動制限や外出自粛によって、消費者の行動は大きく変化しました。家に居ながら買い物をする巣ごもり消費のトレンドが拡大し結果、国内ECサイトも取扱高を伸ばしています。コロナ禍の収束が見えないニューノーマルな状況下で、今後もオンラインショッピング利用の増加が予想されます。


まとめ

コロナ禍の消費行動の変化で、大手ECサイトは軒並み流通総額が増加

この記事では、投資家向け広報などを参考にしたところ、大手ECサイトの売上順位は以下のとおりの結果でした。

1位:楽天

2位:Amazon

3位:Yahoo!ショッピング

4位:メルカリ

大手ECサイトに共通しているのが、コロナ禍の消費行動の変化によって、取扱高が増加している点です。日本国内の商取引のEC化率はまだまだ低く、今後も大きな伸びしろが残されています。


関連リンク

Yahoo!NEWS:楽天の国内EC流通総額は約4.5兆円で、伸び率は約20%増【2020年度の実績まとめ】

[注1] 経済産業省:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました

[注2] 楽天株式会社:2020年度通期及び当第4四半期ハイライトに関するお知らせ

[注3] 通販新聞社:アマゾンの2019年の日本の売上高、1.7兆円に

[注4] 株式会社インプレス:アマゾン日本事業の売上高は約2.2兆円【Amazonの2020年実績まとめ】

[注5] Zホールディングス株式会社:コマース事業の概況

[注6] 日本ネット経済新聞:Zホールディングス、第1四半期の「ヤフーショピング」などECモール取扱高は85%増の3793億円

[注7] 株式会社インプレス:メルカリの国内流通総額は27%増の6259億円。新型コロナで「エンタメ・ホビー」の需要が増加【2020年6月期】

分かりやすいコミュニケーションをデザインする

東洋美術印刷株式会社 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-6-2 TEL 03-3265-9861